みみの日記

いよいよ高校受験!ごく普通の中学生の娘の勉強や成績のこと、応援する母の気持ちと愚痴を書いてます

説明会とテスト終了




連日の真夏日に家族でやられてます。
そんな中、本日も学校説明会。
体育館は冷房がないとかで、別会場で行われました。
公立C高校。
娘の成績で最も現実的な高校ですが、本人がどうしても行きたくないらしい。





校則が緩く、メイクしてる子もいるらしい。(もちろんそれはダメで、そして極々一部の子だけだと思います)
この辺りでは、そのゆるい感じが不人気の原因と思われます。真面目な子が多いから。
今日の説明会では学校を見たわけではないので、「ふ〜ん、そうなんだ」といった感じ。





夏休み中に公立高校3校の見学、説明を聞きましたが、もし入学できたら入る部活を決めたみたいです。やっぱり部活って大切なのね〜。
あとは2学期になってから私立高校を3校見学したいんだとか。時間あるのかな?





来週から学校が始まるので、夏期講習もあと2回。テストは今日で終了でした。数学と英語で、返却は後日だそう。
どちらも難しく、英語が苦手な娘はもちろん英語の方ができなかったらしい。数学もどうだかわからないって。






娘にしてはこの夏休みは頑張ってたと思います。
当初、上のクラスにするか志望校のクラスにするかで先生から相談され、
「上のクラスなら最下層でテストは毎日不合格になるでしょう」
と半分、いや結構本気で脅されて、おそるおそる始まった夏期講習。
なんとか必死にしがみついてこれました。




娘に夏期講習の感想を聞いてみたのですが、
「上のクラスにしてもらってよかった。」
「志望校クラスの基準だと不合格は1度もなかったから、もっと手を抜いてしまったと思う」
「思ってたより短かった」
などなど、夏休みをとても有意義に過ごせた様子です。





勉強した事が身についたり、習慣化するといいのですが、これはまた別の問題(笑)




夏期講習を受けて、娘が変わったと思うことを教えてくれました。




1.国語の文章問題の正答率がかなり上がった。

2.英語の長文が以前よりわかるようになった。(でも読むスピードは遅すぎる)

3.数学は以前解けなかった問題が解けるようになった(でもこれまた遅すぎる)




始業式には実力テストがあり、そのあと模試があります。親バカな私は、いつもに比べたら頑張っていた娘の喜ぶ顔が見たいので、夏休みの成果が見られることをただ祈るばかりです。









にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村