みみの日記

私立高校1年生の娘と母の日常を綴ってます

受験までのお話(追記あり)




塾の進学説明会に母娘で参加して来ました。
内容は毎回同じようではありますが、先日新聞で発表された進路希望調査の集計結果から、長年の経験と実績から各高校が最終的にどのような倍率になるのか、必要な内申点など予想してました。そして受験校決定までの流れも丁寧に説明していただきました。






厳しい………更に厳しくなってる……
娘の志望校は人気校らしく、昨年同様100人は落ち、偏差値的にはその下の娘は行きたくない高校は更に人気校になりもっと厳しくなり、とんでもないことになるだろうとの見解。どっちも必要内申点が上がってるし……
内申点がない娘には、この行きたくない高校も難しくなってしまうかも!?当日点でカバーしきれないかも。どこまで下げたらいいのやら。






わたしの隣でおとなしく、でも機嫌が悪かった娘でしたが、帰り道に
「計算したんだけどさ、今の私の内申点だったら当日440点取らないと無理だわ。」
だから前から内申点が必要だって前から言ってるんじゃないか〜。内申点が無かったら当日穴埋めするのはかなり大変というか不可能なんだって!






内申点を少しでも上げるため、とにかく期末テスト頑張るしかない。
実技教科は2学期の通知表で確定ですが、5教科は3学期の実力テストも考慮して内申点が決まるらしいのでそこまでは諦めないようにって。







この先の三者面談での先生との駆け引き方法や私立高校の決め方などもご指導いただきました。
私、担任の先生と駆け引きできるかな……
強く言われるとドキドキしてしまう土壇場に弱い母なので、KYな娘に頑張ってもらいます。
(私立単願を勧められそうな予感)





さて、中学3年生にもなれば一人で勉強するもんだと思ってた母でしたが、うちの娘は一人にするとボーッとしたり、寝ちゃいます。参考書やノートに縦の曲がった線がいくつもあるページが……(寝ちゃった証拠)
自室にこもった日には絶対はかどらない。
最近、娘の部屋の模様替えをしたら、自室で勉強しはじめた娘。もちろんはかどらないし気づくと寝てる……。
塾の先生に告げ口したら、
「自習室に来なさい!」
と言われてました。
「先生、娘は自習室でちゃんと勉強してるんですか?」
と聞いてしまいましたよ。
自習室ではやってるみたいだけど、職員室前で先生や友達と喋りまくってるらしい。さすがに見えるところで喋ってるので、勉強するように促して貰ってるようです。





ちなみにリビング勉強も私が一緒に勉強しないとダメダメな娘。昨日は私立高校の過去問を解きました。私がね!娘より先にね!で、やっと私も次にやってみようって娘が解いてました。
小学生かっ!?






今日の実力テストも気になります。







追記
受験までのスケジュールを書いたつもりが消してしまってました(笑)
11月 二者面談
12月 三者面談(私立受験校決定)
1月 三者面談(公立受験校決定)
2月 私立高入試
3月 公立高入試







こう書いてみると毎月何かあるのね。
親も具合が悪くなりそう











にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村