みみの日記

私立高校1年生の娘と母の日常を綴ってます

テスト範囲発表と担任





期末テストの日程と範囲が発表になりました。
さぁ、これから頑張るぞ!
と気合が入るところですが、そこはうちの娘……
喉痛い、頭が痛いと申しております。
風邪ですね。





お風呂から出たらすぐ髪を乾かすように、帰宅したらうがい手洗いをなどなど基本的な生活習慣がいつになっても身につきません。
反抗期もあり、「わかってる」「あとでやる」の応酬です。
小さい頃はすぐやってたのに……
そろそろ発熱するんじゃないのかな。
2年生の学年末テストの時に体調不良で辛い思いしたのに学ばないなんて。





今日は国語の暗唱テストを受けようかなぁと言ってましたが(昨日の時点)、受けても失敗しそうです。





提出物は英語の単語ノート(決められたページを埋めて提出)と数学プリント集など細かいものがまだあるらしい。





今月に入って、3年生は二者面談期間なのですが、娘はまだ先。下手したら期末テストが終わってからかもとのこと。
娘の担任の先生、なんと言っていいのか変わってます。二者面談で毎度毎度同じような事を言わなきゃならず、疲れるのはわかるのですが、毎日朝と帰りに
「高望みばかりしてないで、自分の成績の少し上、もしくは見合ったところで。今から成績なんて大して上がらない。」
としつこく言われるらしく、
「マジで気が滅入る。普通さ、生徒がやる気になるように応援してくれるもんじゃないの?」
とクラスメイトからも不評の嵐。




親としては現実に目を向けながらも応援して欲しいと思うのですが、
「先生も生徒を不合格にさせたくないのと、公立も私立もダメなんて事にはしたくないんだよ、きっと。」
と庇うのが精一杯。





まだ諦めないで頑張ってねって言ってもらえるのと今からやっても成績は大して上がらないなんて言われるのじゃ大違いだよね。





能天気そうに見える娘ですが、結構こういう言葉で落ち込むらしいです。メンタルが弱い。




「それでも私は○○に行きたいんです。まだ諦めたくないんで!位の強い気持ちがないと先生の仰るように、成績も上がらないし、合格なんてしないよ。どうしても○○高校に行きたいというブレない強い気持ちがなかったらダメ。信じて勉強するしかないんだから。」






と言ってはみたものの、どうなんだろう〜
先生、これ以上子どもを不安にさせないでくださいませ。担任の先生って大事よね。








にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村