みみの日記

私立高校1年生の娘と母の日常を綴ってます

私立入試に向けての対策




毎日寒いですね。
12月も半ば、今年もあと半月。
はやい〜。





最近、受験生らしく毎日塾通いの娘。
毎日過去問に取り組んでます。
ちゃんと身になってるといいんだけど………





娘の受験予定の私立高校は、受験者が少なく塾でも情報があまりない様子。
過去問も見学会で配布されたものなので、解説がほとんどない……
なので、先生がわからないところは解説してくれたり、傾向をみてくれてるらしい。





数学は確率と二次関数が毎年出題されてる。全体の難易度はそれほど高くないから大丈夫だろう。
英語は長文の難易度は変わってないが、書かせるものから選択問題になってるので英語が苦手な娘でも対応できそう。

そして、
国語が難しいな〜。この国語はちゃんと対策しないと点数が取れないぞ!





あ〜、なんてことでしょう……….
学校でも模試でも国語が不調の娘。
「国語なんてやってもね〜」という雰囲気でしたが、対策しないとマズイと先生から言われて少しだけ危機感を持った⁉︎




国語、全部書かせる問題だし、抜き出しとかじゃなく、考えて書かせる問題だから正解がわからない〜ということで、国語の添削は必ず○○先生にしてもらうようにと指導が入ったそうです。





国語の先生もどうぞよろしくお願いします。
こんなにお世話になってるのに、個別コースは取らなくていいってなんだか申し訳ないです。何度か聞いてみたけど、娘がお願いしたい先生の空き時間がほぼないらしい。
遠慮しない娘なので、質問に行けば教えてもらえるので娘本人は問題ないそうですが、他の人が質問に来ちゃうと先生を独占できないから出直すのが面倒だって(笑)





国語、間に合わせてください。






先日の塾の面談では、実技教科の内申点が2つ上がってたら諦めないように言われました。3つ上がると少し楽になるんだけど、なんに関してもいつもギリギリな娘です。








にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村