みみの日記

私立高校1年生の娘と母の日常を綴ってます

体調不良と塾




体調管理なんて記事を書いたけど、やはり体力のない娘は体調不良に。
インフルではないけど、激しい頭痛が……
寝不足とストレスかな?
小さい頃から頭痛もちなので困りものです。





塾を休んでるので、久しぶりに先生からお電話がありました。
先日、自習中に居眠りをしていたとのこと。
娘に聞くと、ものすごく眠くて、でも寝ちゃダメだと思ってやってたんだけど、起こされて気づいたらしい……
なるほど、昨日から恐ろしいほど眠るはずだ。
でも頭痛がガンガンして起きていられない状態です。




先生からは先日の模試の結果が返ってきてますとご報告がありました。
私がすっかり忘れてた模試です。その日は帰宅すると、
「今日の模試、めっちゃ出来た!」
と大興奮で帰ってきました。
チラッと点数をうかがったら、自己採点より約10点低いみたいですけど(笑)
簡単だったようですが、初の400点超え!
良かったね♪




模試の前日、
「先生が、ずっと自分にだけ厳しく、嫌われてる」
と大泣きして取り乱した娘。
先生から
「特に厳しく接してます。○○さんは模試の結果が悪くても、絶対に志望校を変えないと思います。だから記念受験にはさせたくないので、なんとしても模試で結果を残すように前から厳しく接してました。」
とお話しが………
「あ〜、娘から聞いてます。ざっくりとは」
と言っておきました。
「やっぱり聞いてますか……」苦笑と先生。





やっぱりそうだよね〜。
あまりにもムスメがギャーピーうるさかったので、(親として先生の対応は全く問題にしてないけど、娘に味方だと思わせるため)
「そんな泣くほど嫌なら先生に電話するよ。」
と娘をなだめたので、
「電話しなくて良かったね。」
と言ったら、笑ってました。






娘の場合、行きたい高校が、
1番目 公立志望校←まだ確定じゃない
2番目 私立受験校
なので、公立を下げるくらいなら私立にするという、この辺りでは変わってるタイプの受験生です。
私立は滑り止めの場合が多いので、確実に合格出来る公立を受けるのが一般的。






先生は、行きたい私立があることはいい事だが、受験直前に不安になってくると、「私立に行くからいいや〜」になって逃げてしまう可能性がある。
そして公立が不合格になり、周りを見ると友だちが合格している状況を見て、本人が想像した以上のショックを受けてしまい、高校生活のスタートをうまくきれない。だから絶対に記念受験をさせたくない。だからとても厳しく接しています。





というお話でした。






娘、その話を聞き、また泣いてるし………
そしてボソボソと話しだしました。





娘も一人色々考えて頑張っていたんだとわかりました。
先生から、次の模試で偏差値が○○なかったら公立の志望校を変えるか、私立専願にと言われ、超ムカついた。(笑)そして、取れなかったらどうしようと不安だった。(いつも通りにやればいいだけなのに)
さらに私立の受験日も近づいてきて不安。




→先生の言う偏差値○○を目標にしたら○○は取れないから、それよりもっと上を目指していた。←目標は高めに設定をやっと学習した
夏休み明けの模試が2回連続で下がったのも心配の一つだった。





今回、今までで最高点を取ったこと、目標は達成されてること。(でも自分の目標には届かなかった)そして、嫌われると思い続けてた先生が
「この結果は出来が良すぎたとかではなく、○○さんの実力だと思います。」
と言ってくれたから
また泣いちゃった娘。






もう、体力だけじゃなく、メンタル弱すぎ……
でも、もっと頑張らなきゃ!
と前向き発言が出ました。
うま〜く先生にコントロールされてます。
きっと睡眠もたくさんとったし、ストレスが緩和され、明日には元気になると思います。






夢物語だと言われ続けても、なぜかずっと諦めなかった娘。ここまで来たんだから、あと2ヶ月、負けないでがんばってほしいな。
















にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村