みみの日記

私立高校1年生の娘と母の日常を綴ってます

私立高校志望校






私立高校の出願が締め切られ、倍率が出たようです。








娘の私立志望校は、1倍以下……………

\(^o^)/**\(^o^)/**\(^o^)/**\(^o^)/**\(^o^)/*




以前にブログに書いたように娘が行きたい私立高校は女子校です。
全国的に女子校は人気低迷だと思います。娘の志望校も例に漏れず。
でも一度見学してみるとガラッと印象が変わると思うのですが、同級生たちも女子校はヤダと見学さえもしないです。もったいない……






ここに来て分かったこと。ここに限ったことですが、滑り止めとされる大人数が受験する高校には当てはまりませんが、受験者数の多くない私立高校は三者面談で確認書を担任に提出した段階で、
「○○さんが受験を希望しています。」
と中学校からその高校に連絡をして、高校の先生が中学校を訪問するそうです。
そして、合格する見込みがない生徒は高校側から中学校の先生に志望校の変更をしてもらうように伝えるらしいです。娘の志望校もそのタイプの学校で
「普通にやれば合格すると言われてるから大丈夫。」
と担当の先生からこっそり話があったそうです。しかも倍率1倍以下。
不安が少し解消されたようです。







高校の説明会でそんな話はチラッとしてましたが、本当だったんだと今更ながら思った母でした。
中学校の三者面談時にも
「個別相談で受験しても大丈夫か聞いて来てください。」
と言われたので個別相談をお願いしましたが、担任の先生からご指導がなかったらそのまま帰ってたと思います。この時に模試の結果を3回分持参して見せて来ました。なにせ、学校のテスト結果や内申点は悲惨でしたから、娘のいいところをアピールです!
早めに担任の先生に相談してよかったと今更ながら思いました。







私立の受験はなんとかなるかなと思いはじめた娘ですが、公立の志望校で悩みすぎてずっと体調を崩してるようです。






あんなに強気な娘が超弱気になってしまってます。
親より友達!
親の言うことは中々耳に入らないんですよ〜。
体調が悪いので、言いたいことをグッと堪えて様子を見てましたが、気持ちが折れて浮上しないので、この週末は鬼母に戻って娘を泣かせるほど言い聞かせました。
この話はまた次回に………








にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村