みみの日記

私立高校1年生の娘と母の日常を綴ってます

この先の不安





学年末テストがはじまりました。
案の定、遅刻して登校。
登校できただけでも良かった。というくらい数日ぶりの登校でした。






卒業式と入試当日行ければOKと思うようにしようと決めたけど、娘を見てると気持ちが揺れます。
「本当に登校できないほど具合が悪いのか?」
多分そうなんでしょう。そうなんだと思いますが、私のお疲れ具合で娘に対しての感情も変化してしまいます。ダメなのはわかってても、人間だからね。母も完璧じゃないからね。
先日は娘を問い詰め、さらに追い詰め泣かせました。最悪の母親です………




娘は腹を括ってるのか、行きたくなくて行かないんじゃないだから仕方ない。体調が悪くて行けないんだから……って感じで悲壮感ゼロ。
私の方が悩んでる。いや冷静に考えたら、娘だって困ってるはず。だよね。





この時期だから、学校の先生方も無理してこなくていい。と娘に言うそうです。
学年末テストも学校内のことだから気にしなくていいからと沢山の先生方が心配して下さるそうです。どんな成績つくのかは知らないけど、もう内申に関係ないしね。





学校を休みがちなので、連絡やお手紙も滞りがち(遅刻からやっぱり欠席で……と変更になるので、準備が間に合わないと思われます)で提出物も全て把握できませんが、わかってるのだけは提出するスタンスでやってるようです。





今はそれでいいかもしれないけど、受験が終わっても体調が戻らなくて、このまま高校生活に突入となると、留年や転校、退学になる可能性が高くなるだろうと母は想像してとっても心配なのです。高校生になる前から、受験も終わってないのにこんな心配。春休みはとても短いし……体調を戻せるのだろうか?






娘は
「楽しい高校ライフを送るんだ〜♪」
と夢を持ってますが、母は公立入試の合否よりも、普通に高校生活をスタートできるのだろうか?こんな苦しい生活が続くのだろうか?とその先が心配でたまらないのです。





なるようにしかならない!
という気持ちと
先を予測して行動しなきゃ!
という気持ちが交互に押し寄せてます。





受験の心配だけをしてた頃が懐かしく、今はとても苦しくて先が見えません。
私は何をすればいいのかな?
どうしたら娘は良くなるのかな?





娘が暗くなってないのがせめてもの救いです。
さあ、ここで吐き出したし、私も元気出さなきゃ!










にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村