みみの日記

私立高校1年生の娘と母の日常を綴ってます

オープンキャンパスと大学見学



長い帰省から戻ったら、相当疲れていたようで体が動かなかった私。実家の断捨離で心身ともに参ってしまったようです。
少しずつ復活!





さて、この夏休みの課題のひとつオープンキャンパスと大学見学に行った娘。
現実を少しだけ実感した様子です。





娘は関西圏の大学には今のところ進学するつもりはないようで、私の実家に帰省中に関東圏の大学のオープンキャンパスに行って来ました。
私の実家から新幹線を使って1時間半。なんとか通学圏内。でも………合格には程遠い………(ToT)






参加したかった体験実習には抽選で外れてしまったものの、他にも色々と体験講義や実習があり、娘は楽しんでいた様子。最後に個別ブースで学生さんに質問することが出来、色々聞いていた娘ですが、






その学生さんが賢すぎて、なんの参考にもならんという………(笑)






で、せっかくなので、指定校推薦がある文系の大学もちらっと見に行く事に。
都心の学校で、まぁステキな感じの大学なんですが、






オサレ〜♡






と娘は今日一番の笑顔。←見た目に弱い
今のところ文系希望ではないんだけど、関東圏の大学の指定校推薦を埋めるのが大変と先生から聞いてるので、高校内の競争率がそれほど高くないのも魅力。
でもさ……、興味ない事を勉強するのって辛くないんだろうか……。私が文系じゃないのでそのあたりのことがさっぱりわからない。
大学名で決める人もいるくらいだから、そんな人たくさんいるんだろうけど。





娘に聞くと、夫の実家に帰省がてらに行った大学見学の方が色々勉強になったらしい。
個人で申し込みをしたので、たっぷり学校内を案内してもらったことと、
なんといっても高校の卒業生から生の話を聞けたことが一番良かった
らしい。
まぁ、そうだよね。情報満載だもん。







前にも書いたけど、卒業生から話を聞くといいよと大学の先生?からアドバイスをもらい、高校の先生から卒業生を紹介してもらい会う約束をしてました。
夫いわく、
いい人だったよ。しっかりした人でアドバイスも的確だし、うちの部下よりちゃんとしてる!
だ、大丈夫か?夫の部下よ……
見学する先の施設で会う学生さんも皆さん同じように好印象だったらしく、夫はべた褒め。





その先輩からのおはなしでは

高校だけでは希望の大学には入れない。塾は必須。

現役の一般入試で合格はかなり厳しい。
(娘校のレベルからというのもあるが、そもそも浪人生が多いし、医学部落ちもいる)←やっぱりそうだよね……

先輩の学年ではその学部希望は2人いて、どちらも推薦入試で合格。(別の大学)

面接の練習は学校でもやったけど、全く見当違いの内容で当てにならない。←オイオイ

先輩の経験から、受験勉強の開始が遅かった。
とにかく早くスタートしたほうがいいよ!

大学生活は忙しく、バイトしたり遊んだりなんて余裕はあまりない。




他にも色々教えてくれたらしく、他大学にも興味があるなら友達を紹介するよとか、小論文の参考資料やテキストも必要なら送るよ。などなど初対面の娘に親切にしてくださり、人として素晴らしい先輩だったようです。
私もお会いしたかった〜♡




まぁね、本人には言えないけどさ、その学部はかなり無謀だと思うのよね。
頑張れるだけ頑張ったらいいけど。
先輩の高校内でのテストのおおよその順位や、取り組んでいた勉強なんかも聞いたらしいので、なんとなくやらなければいけないことが見えてきたり、自分の志望が相当に難しい事が理解できたんではないかと思います。





そして、この先輩のお話通り、私と行ったオープンキャンパスの個別ブースで質問した賢い学生さんは医学部落ちの方でした。←周りに聞こえないように小声で教えてくれました(笑)
もうね、次元が違うって会話からもヒシヒシと伝わってきましたよ。
志望動機からして違うもの〜。学びたい分野がピンポイント!






そして、娘が
どうしてこの学校を受験したんですか?
というお子ちゃまな質問に







滑り止めで受けたんだけど、この辺りで一番偏差値が高かったから!




との素晴らしいお答えが。
娘、苦笑い。





なんの参考にもならないお話でしたが、別次元のお話も聞けてある意味勉強になったかもね。














にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村