みみの日記

私立高校1年生の娘と母の日常を綴ってます

毎日質問!






高校に入学して2週目。
早くも
高入生の中でキャラの濃い人
認定をされた娘…………
しかも、先生から!
担任の先生からは、
「○○さん、前から学校にいると思うほど馴染んでます。」
とお言葉を(私が)頂きました(笑)
母、恥ずかしい〜。







毎日毎日、わからない事聞きまくりのようです。
基本は中高一貫校なので、高校生はなんでも分かってるのが前提。黙ってたら物事が進まないみたい。






まず部活ですが、
「いつ入部したらいいのかわからない」
と担任の先生に相談して、部活の顧問に相談し、ラチがあかないようで再度担任にその旨報告して相談。そして希望してる部活に所属してるクラスの子に相談し先輩に娘の意思を伝えてもらったそうです。






結局はクラスの子が一番動いてくれたらしく、明日から部活に参加することに。
やれやれ。







そして、大学入試のことも担当の先生に聞いてきたんだとか。
意外と抜かりないのね〜。





物怖じしない性格だから、キャラも濃いめになるんでしょう。
なんでも質問できることはいいことだけど、悪目立ちしそうで(するだろう)と思うと、母は心配。





先輩とうまくやってちょうだい。















にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村





にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

やっと1週間が終わりました






今週は火曜日から通常の時間割でした。
持ち上がり組と別授業が多く、
「勉強が大変です」
という先輩からの前情報もあり、緊張してた娘。






今日は自己紹介で終わった〜
3ページしか進まなかった〜
予習はしなくていいって〜

と、あら?ちょっと大丈夫かしら?
と不安になる母。
これから急加速するかもしれないから、どんどん予習して!
と言ってはみたものの、1週間通ってみて






「授業のペースが中学の時より遅い……もっとペース上げて夏休みの補講とか少なくして欲しいわ。」
う〜ん、そうなのか?あれれ?





今週は保護者会もあり、恐る恐る参加してみるも、参加率が低い……
持ち上がり組のお母様の数人とお話ししたら、
「先には進んでるかもしれないけど、ノンビリムードだよ。」
と教えてくれました。





そんなこんなで、勝手に勉強は思ったより大変ではないと判断したらしく、入部したいと思ってた部の体験も済ませて意思表示もしてきたみたいです。








部活の同級生は明るくて楽しい感じの子なんだけど、先輩が意地悪そうなんだよね〜
と愚痴ってました。
どこでも意地悪な先輩って居るんだから、1年ぐらい我慢してやってみたらいいと鬼コメントの母(笑)
高2で部活動は引退なので、1年たったら最上級生だもの。社会勉強しておいて損はないはず!






塾も行ってないし通学時間30分だから、部活しないと遊ぶことばかり考えてロクなことにならなそうだから。
大学入試も変わるので、高校時代に何を頑張ったか、どんな事を考えどう努力したか?が大切になると思います。
と先生が話していたので、色々トライして欲しいわ。






そして、今はソファーで爆睡中の娘。
土曜日も学校なんて辛い〜
って、母世代はずっとそれが当たり前でしたから!
















にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村





にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

4月からはじめたこと




部活もないのに、下校時刻いっぱいまで学校にいた娘。
図書館の蔵書量が多く娘は入学前から楽しみにしていたので、ずっと物色していたようです。
登録がまだなので、借りるまでにはしばらく時間がかかるらしい。





早く帰って来ればいいものの、
「疲れた〜、お腹すいた〜」
と限界まで僅かってところで帰宅。
慣れるまで大変そう。
最寄駅では他校に進んだ友達にもたくさん会うらしく、おしゃべりも忙しそう。
トップ高に進んだ友達にも会って話をしたら、
「学校で自習してた。塾の宿題が終わらない……」
と言ってたとか。
既に放課後の使い方が違う>_<







さて、娘は4月からラジオ英会話を始めました。
中学1年生の時は基礎英語を聞いてましたが、塾があるのと、本人のやる気がそれほどでもなかったからか効果不明でした。
高校生になり、
「英語をどうにかしなきゃ!」
と思ってるらしく、毎朝聞いてから学校に行くと決め、なんとか続けてます。
いつまで続くかな〜。






短期留学の話が学校でもあり、何でもやりたがりの娘は興味があるようですが、
「遊びに行くんじゃないんだから、ある程度の英語力がなきゃ行かせられない。行ったところで、なにも身につかないんじゃ意味がない。お金もかかるんだから。(私立になったし我が家は金欠です)」
と言ったら、超不機嫌に。







なんで、頑張って結果を出そうと思わないのかね。







次の英検を受験してその結果で考えてもいいと言ったんだけど、難しいでしょうね〜。
頑張れ、娘!






塾も気になるけど、部活もやりたいみたいだし、今までの経験からすると
塾にただ行ってるだけ
になると思うので、時間の使い方が上手くなるまでは様子をみる予定です。






今日は授業終了後に学校行事があり、また帰宅が遅くなる予定。
週末まで体力が持つのか心配。










にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村





にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

入学式



あんなに暖かい日が続いたのに、入学式の日はにわか雨と冷たい北風の強風。寒くて疲れた〜。
持ち上がりの生徒さんたちと一緒に入学式を迎えることができました。
補習授業で仲良くなった高入生達も明るい笑顔
で良かったです。







春休み中から補習なんて可哀想〜と思ってましてが、入学前に顔合わせをする事で、皆んなかなり不安が解消されたようです。






そして、ギッチギチのガッチガッチの中学校に通っていた娘は、自由な雰囲気の学校に驚いて帰り道にあ〜だこ〜だと文句タラタラ。ホームルーム中の自由すぎる発言や、式典中の様子など教えてくれました。






起立!の号令の「キ」で立ちなさい。と中学校では何度も練習させられ、身体に染み付いたからか
「チンタラしすぎだよ。もっとピシッとできないのか。」
言ってたので、
「あんなものだよ。あなたの通った中学校がある意味やり過ぎだから」
と教えてあげました(笑)





先生が細かい、うるさい、そんな事どうでもいいじゃん!と中学時代は文句ばかり言ってたのに、今度は逆のご意見ですか(笑)






管理された中で動いてたので、周りの様子を見ながら行動することにかなり戸惑ったようで、
「指示された方が楽」
だそうです。
あ〜、やっぱり指示待ち族でしたね。





中学からの持ち上がり組の子の友達も出来たようで、これからどんどん世界を広げていく楽しみが娘からは溢れてます。





そして、また大量の参考書と問題集を持ち帰りました。
こんなに沢山の教材をただのゴミにしないようしっかり勉強してほしいです。
火曜日にはベネッセのスタディーサポートというテストがあり、到達度をみるテストらしいので、それなりに達成してて欲しいなと………





私は週明けに提出する大量の書類の記入に、目がチカチカしてます。
この作業が年々辛くなってきます>_<












にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村




にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

高校生活のスタート







こんばんは。
娘も私も元気です。
4月になり、新学期もいよいよですね。







さて、娘が入学する高校は、中学から上がってくる子が大多数で、高入生は若干名。
中学の数学は高校1年生の範囲がもう少しで終わるところで卒業になったらしく、約1年遅れている状態。なので、娘たちは春休みに補習があります。







入学式はまだですが、高校に登校しています。
教科書は数学Ⅰ、Ⅱ、A、Bと4冊購入し、先ずは数学Ⅰからスタートしたようです。
補習のための宿題も出てましたが、最初なのでそれ程難しくもなく、






2時間目が眠くて死にそうだった





とか…………
オイオイ、初っ端から居眠りは勘弁して!






娘としては、もっとガンガン進めるのかと思ったみたいだが、拍子抜けだったよう。







う〜ん、簡単なところはもっとスピーディーに進めてほしいわ。これから難しいところが山ほど出てくるんだろうから。





娘、まだ気合が入ってるので、明日の小テストの勉強をサラッとやってま〜す。
簡単なところなはずなのに、案の定間違ってますけどね。







娘が高校生になったので、ブログ村のカテゴリーを変更しました。
どこにしたら良いのか悩みます。
大学受験はまだピンと来ないし……って、それじゃ乗り遅れちゃうんだろうな〜。








にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村








にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

入学説明会


あれからの娘は、
「説明会までは遊び倒して、その後は本気で勉強する!」
と本当に1秒も勉強せずに、ひたすら友達と遊ぶか私と買い物三昧でした。おかげさまで財布はすっからかんですよ。入学金も高額だったしね。
発表の日こそ泣いてましたが、それからは夢に出てきたりもするそうですが、少しずつ気持ちを切り替えてるようです。






そして今週は入学説明会がありました。
前にも書きましたが、娘が進学する高校は高入生が少なく、中学から持ち上がりの子がほとんどです。見学会の時に伺った通り、数学と理科は先取りで進んでいて、もうすぐ高校1年生の範囲を終えるところまで来ているとか。
娘たちは、高校1年終了までに約2年分を学習するとのこと。大変そうだ〜。
それも承知で決めたので、今はなんとか追いつきたい気持ちでいっぱいのようです。





宿題は数学と英語、あと国語が少し。
春休み明けのテストに向けてがんばる!
と言ってるけど、いつまで続くかな?





制服の採寸もして、体操服など細々としたものも購入。テンション上がってきました。





4月に入ると、入学式前に高入生のみで追いつくための講習が数日入ります。
目指すは3年後。
今はあの時の悔しさが鮮明なので、前のめりだけど、正直いつまで続くのかな〜?、夏休みまで持つかな〜?
などと意地悪な発想が浮かんできます。





公立高校と異なり、土曜日もほぼ毎週授業があります。体力が持つかしら………?












にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

桜は咲きませんでした






タイトル通り、公立高校は不合格でした。







覚悟していたとはいえ、番号がなかったことは娘にとって、かなり辛かったようです。
塾の先生もいらしていて、先生の前で涙が溢れてました。不合格の友達と一緒にいたので、それほど落ち込まずにいましたが、私と二人になってからは
「○○高校に行きたかった………」
と涙が止まらず、私も涙が……
そして泣きながら寝てしまいました。






公立高校入試は、
合格者数>>不合格者数
なので、そこがなんともいえない気持ちにさせられる様子です。
塾の先生も言ってたもんな〜。






敗因は、当日の試験で力を出し切れなかったのもありますが、やはり低い内申点でした。当日上積みして埋めなければならなかったのに、出来なかった。本人も
内申点だよね。もっと早くからやらなきゃいけなかったんだよ」
と反省したようです。







15歳には、とても辛い現実だと思いますが、私立高校で良い先生や友達に会えて良かった^ ^となるように頑張ってほしいと思います。
リベンジは3年後!
と言っても、今は味わったことのない気持ちをどう処理したら良いのかで精一杯の娘です。





応援してくださった皆様、ご期待に添えず申し訳ございません。一緒に合格気分を味わいたかったです。
娘なりに頑張ってましたがこれが娘の実力。きっとこれも運命なのでしょう。
入試が近づくにつれ、ブログが心の支えでした。後味の悪い締めくくりになってしまったのが心残りですが、本当にありがとうございました。





高校受験のブログとしては最後になりますが、また落ち着いたら、更新するかもしれませんので、その時はどうぞよろしくお願いします。








みみ







にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村